八木のフィリピン極楽生活記

メディアやガイドブックでは掲載できない、生のフィリピン情報を現地フィリピンからお届けまします。

カテゴリ: フィリピン ビジネス情報

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

現在のマニラの天気は、31°C 晴れです。

IMG20200212145155[1]


フィリピンでも日本同様起業してもすぐに廃業しているお店を良く見かけます。

*店舗の移動もあるかも知れませんが ?

マニラ市のマラテにある最大級のロビンソンデパートでも、店舗の入れ替わりが大変激しいですね。

通常契約は、1年間単位だと思いますが形態はさまざまなのが実情です。

特に飲食店及びブティック(衣類販売店)の入れ替わりが多いように思います。

フィリピンでも当然ビジネスは甘くないようですね。

集客ができなければ売り上げが上がらない 

*ロビンソンデパートなので富裕層相手の商売ですね。

売り上げが上がらなければ、廃業及び倒産に繋がりますね。

ビジネスでは、死を意味します。

当然ロビンソン内での規約ルールなどもあるでしょう。

*1年契約の1年払い、敷金、保証金など 

*営業時間は、AM10からPM10まで 

*売り上げの?% など 

さまざまな規約ルールを守った中で営業戦略をする必要性があります。

過剰な設備投資(内装費、備品)などすると大変なことになりますね。

少なくとも1年間の内に回収できるビジネス(商品販売)でないと出店する意味がありません。

当然ビジネスにはリスクは伴いますが、よほど消費者の求めるニーズに合った商品・価格・サービスが

提供できるのかが、ポイントですね ?

でないと集客及び売り上げを上げることは出来ないと思います。

常に改善・対策が必要だと思います。

フィリピンローカルの繁盛飲食店から学ぶ

しかしながらマラテの中でも繁盛している飲食店があります。

一般フィリピン人を対象にターゲットしている飲食店ですね。

*立地条件は良いが、お店の作りに設備投資していませんね。

 ・バラック的な建物 (整理・整頓は良くされている)

IMG20191126150409[1]


 ・椅子・テーブルもごく一般的な商品です。

IMG20200131121715[1]


 ・エアコンがない。
 (フィリピンでの電気料金は、フィリピン人の平均所得を考えると非常に高いので最大のメリット
  ですね。経費削減です。)

場所が良くて、金額も安くて、美味しいとなれば人は来ますね 

 ・24時間営業であること。

 ・売りは、P90-のラーメン

IMG20200131132100[1]

 ・フィリピン料理のメニューも豊富で安い 

1日25ケースのビールを売り上げているようです。

フィリピンでは、お店の見栄・プライド(設備)など関係ないようですね。

ビジネスとは、集客をして売り上げを上げて儲けなければ商売ではありません。

PM7:00から AM5:00位までは、連日満員で繁盛しているので、これから起業を考えている方


Erra`s Vest Ramen Bar & Grill

IMG20200131121626[1]

場所:zone 076, 1755 M. Adriatico St, Malate, Manila, 1004 Metro Manila


現在飲食店を行っている方、異業種の方でも参考になると思いますので行って見てください。

何か学ぶことがあるかも知れません。

どんなビジネスも繁盛しているお店を調査することは必要だと思います。

経営者の仕事ですね。

ビジネスもスポーツの世界と同じではないのでしょうか、毎日コツコツ練習を重ね努力して

良い結果を出した人だけがプロとしてやり続けることが出来るのではないでしょうか。

私の知人・友人もフィリピンビジネスを日々努力しています。

これからフィリピンビジネスを起業する方々の参考になれば幸いです。

フィリピンの生情報を伝えて行きたいと思いますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

メトロマニラの渋滞は、日増しに増えている感じがします。

特にエドサ通りの渋滞は酷いですね 

地下鉄の整備計画が実現できれば渋滞は、緩和されるだろう。


NNAカンパサール

アジア経済を視る April,2019, No.51




フィリピン初の地下鉄着工

日本が資金・技術で支援

地下鉄は日本から資金や技術などの支援を受け、向こう3年以内の部分開業を目指す。
式典で登壇したトゥガデ運輸相は「地下鉄計画を打ち出した際、誰も信じなかったが、夢がついに実現する」と語り、日本の協力に謝意を表明。「(ドゥテルテ政権の任期が終わる)2022年の部分開通を実現できるよう、日本企業には頑張ってもらいたい」と話した。



 マニラ地下鉄の整備計画



部分開通区間は、北方のケソン市キリノ・ハイウエー、タンダン・ソラ、ノース・アベニューの
3駅区間。同区間の駅建設やトンネル工事などは、清水建設、フジタ、竹中土木、地場建設大手EEIの4社ジョイントベンチャー(JV)が受注した。


マニラの地下鉄整備が計画通りに行くように願っております。

地下鉄整備が完成すればフィリピン経済は加速するだろう。

フィリピンの生情報を伝えて行きたいと思いますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

新たな挑戦【 ビジネス構築 】

海外に販路拡大を図りたい中小企業さまへ

新興国には、これからミニショベルの需要がある可能性があると思う。

NEW WITCH さまより抜粋いたしました。

日立建機が中古建機で新興国へ、新戦略の中身

新たなビジネスモデルを構築


日立建機、ミニショベルで都市化需要「掘り起こし」

日経産業新聞
 
コラム(ビジネス)
 
自動車・機械
2020/2/5 2:00
日本経済新聞 電子版


日立建機は2025年度にも、ミニショベルの世界シェアを現状の10%弱から15%に引き上げる。グローバルでクボタなどが小型建機が強いが、ドイツやインドネシアといった有望市場でミニショベルの代理店を拡大する。4月にも建機を遠隔監視できるサービスを、これまでの中大型ショベルからミニショベルにも広げる。 


フィリピンにおけるビジネスモデルの構築をサポートいたいます。

*会社設立

*フィリピンパートナーの掘り出し

 ・提携先

 ・委託販売会社

*フィリピン輸出入サポート

IMG20191207100704[1]


その他フィリピンのことでしたら、さまざまな要望をサポート提供いたします。

お気軽にお問い合わせください。

フィリピンの生情報を伝えて行きたいと思いますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ