フィリピン極楽生活記

メディアやガイドブックでは掲載できない、生のフィリピン情報を現地フィリピンからお届けまします。

カテゴリ: フィリピン ビジネス情報

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

IMG20210125080505[1]

今日のフィリピン カビテの朝はとても天気が良く清々しいです。

今日は、暑くなりろそうだなあ !  (゚∀゚)アヒャヒャ

一般的に真面目に働くフィリピン人男性の生活はどう様になっているのでしょうか?

漠然的には、分かっていると思いますが?

知識として少し具体的に詳細内容を知っていた方が良いでしょう。

「ジープニードライバーを参考」にいたしました。

その理由は、かつて

約20年ほど前になりますが、ジープニーを3台ほど転がしていた経験がありますので、

ジープニードライバーの生活収支について語りたいと思います。

その当時は、初乗りP5-でした。現在は、初乗りP10-ですかね?

その「当時のレートは、1万円がP2,650-位」と記憶しております。

フィリピンスタイルの新車ジープニー1台の金額が当時100万円弱でした。

当時フィリピンのバタンガス州ににジープニーの生産工場(個人経営レベル)が多数ありました。

当然、立ち合に行きました。

事業は、すべて妻に丸投げです。

その理由は

*私も日本で自分の事業をしていたこと。

*日本側で子供の受入れ体制がまだ整っていなかったこと。
 ・落ち着いたら、子供を日本に連れてくること。

*妻の両親に仕事が無かったこと言うこと。

*6人兄弟の中で、妻は長女で家族のすべての生活費を支えていたこと。

その当時のタレントは、「半端なく稼げました」ので ! ! !

私の知っているタレントでは、6ヶ月間で600万円を稼いだ子が最高金額です。w(゚o゚)w オオー!

稼ぎのほとんどが、お客さんからのチップです。

パサイ市のJTVに、ひとりで行った時に (^_^)ニコニコ 

その彼女(カティ)と1年6ヶ月前に偶然会いました。

w(゚o゚)w オオー! 

「パサイ市にあるJTVで呼び込み」をしておりました。

まるで奇跡のような出逢い !

昔のバカ可愛い面影がありませんでしたが 

すっかり叔母さん(現在49歳)になっておりました。

カティは妻の友人でもありました。

名古屋の某フィリピン クラブで一緒に働いたことがあるので、

妻もカティも知り合ったのは、静岡の某フィリピン クラブです。

トータルで妻は、8回タレントとして日本に興行に行きました。

そして私と「正式に結婚」いたしました。

結婚式は、サン・ペドロの市役所でした。

そしてパーティは、身内だけのとても質素な結婚式パーティでした。

今はもうそのお店はありませんが、マカティの「カマヤン レストラン」で20名ほどの来客を
招いて結婚パーティを行いました。
それから妻の家に帰り、ふたたび朝方までパーティを行いました。

私が妻と知り合った時は、日本へは4回目で妻が21歳の時でした。

*そこで私は考えました、子供を日本へ呼べない代わりにサリサリストアの運営費用と
 ジープニー3台の購入費用の全額を投資いたしました。
 フィリピン ファミリービジネスです。(家内興行)
 当然、妻とも話し合いを行いました。
 何回も、何回も
 両親及び兄弟に考えさせてビジネスを行うことにいたしました。(丸投げ)
 ・ビジネスの難しさ
 ・お金の稼ぎ方など
 ・お金の大切さなど
 その時は、一切の見返りは私は考えていませんでした。
 ジープニーの事業を元手に今では、アパート経営をしているようです。
   今では、4つ下の長男は日系企業に勤めてハイエースの新車に乗っています。

また、25歳、22歳、19歳の娘は、日本で元気で働いております。
時々娘から来るメールに生きる元気と勇気を頂いております。

よかった !

別れたフィリピン妻には、感謝しております。

今でも、フィリピンではジープニーが活躍しているんですね !!!

本当にフィリピンは経済成長しているのでしょうか ?

おそらく一般市民(庶民)は、実感ないでしょう。

だって収入がそれほど上がっていないから ? (`□´)コラッ!

一部の富裕層だけが、経済成長しているんですか?

フィリピン庶民の足となっているジープニー

IMG_20200213_182250_975

ジープニードライバーの朝は早いです。

AM5:00から準備を始めスタート終わりはPM8:00くらいです。

日中、暇な時間帯が昼食及び休憩時間になります。

車両は妻名義でライセンス取得をして行っていました。

コースは、サンペドロ・ラグナからGMA カビテ約20kmの距離を何かも往復するコースです。

サンペドロラグナ:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%B0%E3%83%8A%E5%B7%9E

GMA カビテ:https://en.wikipedia.org/wiki/General_Mariano_Alvarez,_Cavite

現在も一般的には、タクシードライバーと形態は同じだと思います。

オーナーさんにある一定の車両レンタル代を支払い(毎日清算)

ガソリン代は、ドライバー持ちで売上の残金がドライバーの収入になります。

車両の修理代等及び更新手続き費用などは、オーナーの負担になります。

ジープニーの修理代は、馬鹿になりません。

毎日、始業点検する必要があります。

ドライバーによってジープニーの取り扱いがかなり違いますね。

オーナーさんは、良いドライバーを探すのにいつも苦労しています。

・特に接触事故

・人身事故

すべて責任は、ジープニーのオーナーに来ます。

そもそもドライバーには収入がありませんので ! ! !

ドライバーによる接触事故及び人身事故での後処理がとても大変です。

相手方との示談交渉

警察などへの対応(アンダーテーブルなど。)

いつもオーナーは、頭がいたいのです。

やはりフィリピンでも「人材が一番大事」であると言うことです。

フィリピンでは、まだレンタルスタイルのケースが多いと思います。

当然、中には車両を自己所有で営業しているドライバーさんもおります。

近年では、Grab及びGrabタクシーを利用する人が多いですね。

スマホで料金も分かり来る時間も分かるので大変便利です。

今では、多くのフィリピン人がGrabを利用しております。

現在のジープニードライバーの収入は、平均1日=P500-からP700-です。

平均収入を仮にP600-といたしましょう。

P600×25日(稼働)=P15,000-

1ヶ月の収入、P15,000-

4人家族での1ヶ月の平均家計簿は?

夫婦と子供2人世帯の場合

*住居:P5,000-(賃貸アパートメントの場合)

*電気:P1,000-  (エアコン使用なし)以下

*ガス:P250-

下記ガスタンクの1回の入れ替えがP750-(金額は、地域によりことなる)
おそらく4人家族なら3ヶ月は持つでしょう。
ガスの入れ替えは、電話連絡で来てくれます。
IMG20210125081651[1]

*水道水・下水:P200-  

*飲み水:約8回×P25=P200-(フィリピンの水道水は、絶対に飲むことを止めてください。)
  
下記タンク25Lでメトロマニラでは、P40-  カビテでは、P25- です。
(金額は、地域によりことなる)
電話連絡で配達してくれます。
IMG20210125081641[1]
   
*通信費:一般家庭は、インターネット回線の接続はしていません。
     携帯もまだガラ系の方が多いです。
     その都度、サリサリストアにて携帯Loadをチャージしています。P20- ?
     
*P15,000-P6,650-= 残金 P8,350-

残金のP8,350-が、下記の費用です。
*食費・交際費・お小遣い・教育費・雑費・その他の費用

*保険料:ほとんどの方が加入していません。

どうでしょうか?

節約すればP15,000- 日本円で約32,377円で生活出来るのです。

これが一般的なフィリピン人家庭の収支です。

あなたもその気になれば「覚悟」出来ると言うことです。

上を見ても切りがない

また下を見ても切りがないと言うことになります。

あなたの生き方(考え方)次第でしょう。

但し「奥さんも倹約家で真面目な方」でないと難しいと思います。

以前、助けてくれたジープニードラバーは大変真面目で奥さんも大変親切な方でした。

彼とは、今でも友達です。

時が過ぎるのは早なあ ?

もう彼との付き合いは、28年になるなあ !

近いうちに彼に会いに行こう。

別れた奥さんのお父さんにも会いたいですから

まだ、元気にしているでしょうか?

4年前にお会いした時は元気でした。

死んだと言う知らせがないので、元気にしていることでしょう。

昔は、お父さんにはいろいろとお世話になりましたからね。

お父さん会いにいこう。

活気あるバコールカビテの街の様子
IMG20210125110910[1]

フィリピン人は、コロナウイルスなんかに負けていません。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

フィリピントラック輸出入費用に関しまして、大まかな金額を教えてくださいと言う問い合わせが

大変多いのでご説明させていただきます。

IMG20191207095405[1]

*先ずは、日本国内の輸送でないことをご理解ください。

*日本からの輸出費用

 ・横浜港及び神戸港への車両搬入(荷主様にてお願い申し上げます。)

 ・モータープールの予約が必要になります。(搬入日、搬入時間もあります。)

 ・車両放射線量の検査予約

 ・通関手続き【 輸出予定届出証明書・輸出許可通知書・船券(B/L)】

 ・船代(各港からスービック港)

*上記日本国内費用は、早急に算出できます。

フィリピン輸入費用は、フィリピン共和国の「法律・規制によって行われる」ためその都度の
 確認(スービック輸入ライセンス取得会社)が必要になる為、前回輸出された金額と変わる場合が
 あります。

外国為替相場も日々変化しておりますので金額も変わってきます。

*輸出車両の車検証が必要になります。

*輸入通関手続き(関税等)通常3日から5日で完了

*輸入会社まで車両を搬入

*コンバーション(左ハンドルに改造)

*排ガステスト

*ナンバー登録【 LTO (陸運局)の手続きなので、時期により完了までの時間が良く変わります。)

コロナウイルス感染の影響もありましたが、2020年7月から順調に輸入もされ
約2ヶ月間で車両の引き渡しが可能となっております。

フィリピン輸入費用に関しましては、上記などの理由で輸入費用の算出が直ぐに出ません。

見積計算書の作成依頼:http://g-o-inter.jugem.jp/?eid=5 にてお願い致します。

参  考

*日本国内で,もし大型トラックのコンバーション費用はどれくらいの費用でしょうか?

 ・日本国内で、100万円でコンバーションを行う業者がありますでしょうか?
  
 ・乗用車でも車種によりことなりますが、約60万から80万円はするでしょう。

コンバーション完了後の写真  ISUZU 3t トラック

IMG20191207095229[1]

コンバーション完了後の写真 ISUZU 10t トラック

IMG20191207095516[1]

安心サポート

 ・スービック港に輸入され、輸入会社に搬入された時に「日本人が車両立ち合い」いたします。
  (状況写真を荷主さまに写メールにてお送りいたします。)

 ・車両完了後も「日本人が立ち合い」ますのでご安心ください。

 ・フィリピン側の車両重要書類一式をお渡し致します。

 ・スービック経済特区から車両搬出の際のゲートパスをお渡し致します。

コンテナに積込みが出来ない、大型重機の輸入

IMG20191207100704[1]

スービック港は、ジェットスキーも輸入可能です。

IMG20191207100558[1]

毎月、神戸港及び横浜港からスービック港向けに3~4便船が出港しております。

大変申し訳ございませんがコメント欄でのご意見・ご要望・ご質問等は、住所、氏名、会社名、E-mailを記載の上コメントください。
返信いたしますのでよろしくお願い申し上げます。

スービック港へトラック・重機の輸出入に関することは、お気軽にお問合せください。

フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

フィリピン人にも人気のあるのが「Pizza」です。

日本同様、コロナウイルス感染の影響化でやはりテイクアウトが主流になっております。

テイクアウトして見ました。

10H サイズを注文   P160 日本円=348円

IMG20210121131640[1]

Cheezah(美味しい)

IMG20210121131651[1]

外観から見た店舗

IMG20210121124224[1]

店内の様子

IMG20210121124028[1]

Pizza以外のメニューも豊富です。

IMG20210121124237[1]

IMG20210121123903[1]


フィリピンでは、「PizzaHut」が有名ですね。

Pizza Hut:Fasebook (下記サイト)

URL:https://web.facebook.com/pizzahutphilippines/?_rdc=1&_rdr

Pizza Hut には、時々テイクアクトで食べますがとても美味しいです。

フィリピンでもこれからは、テイクアウトが主流になるかも知れませんね。

アフターコロナ後、外食産業はどのように変わるのでしょうか?

いずれにせよ、時代の流れに対応したお店

またシステム化されたお店だけが生き残ることでしょう。

オーナーさんの先見性次第だと思います。

フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日は、フィリピンで起業考えている方々へのポイントを説明いたします。

抽象的なことからご説明したいと思います。

また、はじめに私のフィリピン ビジネスでの経験・体験に基づいての考え方ですので

余り信じなくても構いません。

また大企業さまのフィリピン ビジネスの進出などが対象ではありません。

個人及び中小企業さま向けの方が、対象と思って頂ければ良いと思います。

また個人事業の場合、彼女または奥様などをパートナーとして行うローカルビジネスでもありません。

フィリピン ファミリービジネスは上手く行っているときは良いが、一旦上手く行かなくなった時は

非常にリスクが高いと言うことを理解した方が良いと思います。

また、その前に彼女または奥様(パートナー)の性格ついて良く考えましょう。

商人に向いているのか?

・前向きで真面目な性格なのか?

・仕事をコツコツやるタイプなのか?

・行動力はあるのか?

その他、様々あると思いますので良く観察する必要性があると私は思います。

また、本当にビジネスを真面目に行う覚悟があるのか?

ポイントは?

親が商売人なのか?

親が商売人ならば商人的な家庭環境で育っていますので、考え方も商人的な考え方でしょう。

スモールビジネスでも成功する確率が非常に高いと思います。

役人・先生・政治家・宗教家・サラリーマン的な考え方の方は、商人に向いていないと思います。

そもそも、はじめから商人に向いていない人もいます。

商人でなくても、色々な仕事がありますので商人にこだわる必要がないと思います。

それぞれのタイプがありますので、そこは無理する必要はないと思います。

今回は、起業及び商人(商い)の狭い話です。

行動を起こすのか?

起こさないのかは?

最後は、あなた次第です。

それぞれの性格がありますので、また社長的(ボス的な)方も近くに於かない方が良いと思います。

No,2的なタイプの方が良いと思います。

商人は、いつも決断(方向性)を決める連続ですからいつも方向が決まらなけれが前に進むことが

出来ません。

また反対に、あなたがNO,2的な役割を果たす方法もありますね。

昔の話で良く言うわれる「髪結いの亭主」奥さんが美容院を経営して旦那は遊びほうけている。

生活スタイルです。

いずれにしても、あなたが資金を出し前責任を持つ覚悟が必要です。

簡単なことです。

初めから計算間違いをしないように致しましょう。

結果論ですが、事業を失敗方ははじめから計算が間違っております。

商人は、稼ぐことが仕事です。

いつも稼ぐためにはどうしたら良いのかを考える方が商人の仕事です。

また直ぐ諦める方も商人には向いておりません。

あきないのが商人(商い)です。

またどんな事業を選択するのか?

事業は、万とありますので!

ビルのテナントです。

IMG20210117162633[1]

IMG20210117162547[1]

最上階は、ライブバンドハウスですね。

フィリピンでは、フランチャイズビジネスもたくさんあります。

SMモールの中には、下記のようスモールビジネスがたくさんあります。

IMG20191028131928

IMG20191028131922

ターゲットは、何なのか具体的に絞ることをお勧めいたします。

富裕層相手の商売なのか?

中間層相手の商売なのか?

庶民層なのか?

男性相手の商売なのか?

女性相手の商売なのか?

商売相手の年齢層は?

考えれば考えるほどあります。

また、行うビジネスの経験があるのか?

またなければ一から覚える気持ちがあるのか?

真剣にその事業について勉強しましたか?

今回は、飲食店を例にとって話を進めて行きたいと思います。

まずは、リサーチが大変重要です。

店舗の立地面はどうなのか?

屋台でやるのか?

店舗でやるのか?

何をポイントにサービスするのか?

安さ?美味しさ?速さ?

などなど様々ありますね。

他店との差別化も大事ですね。

繁盛しているお店を何軒も周り研究することが必要だと思います。

何でもそうですが、余り情報ばかり詰め込んで行動出来ない人も多いですね。

どんな商売でも、やってみないと分かりません。

私が飲食を開業するならば屋台からやりますね。

行動を起こせば次から次えと問題が起こります。

その問題と向き合い、改善して行けば良いのです。

夢は小さく努力は大きく持つことが大事だと私は思います。

簡単な事です。

みなさん頭では理解しているのですが、当たり前のことを当たり前に行っていないから

失敗するのです。

原因と結果ですね。

失敗する方は、失敗する原因があったからだと私は思います。

多分、本人が一番わかっていると思います。

失敗の積み重ね(体験)て、反省、改善して学んで行くのです。

余り高い授業料(学び)を払わないように、工夫いたしましょう。

現在コロナウイルス感染の中、日本の飲食業界は大変な状況になっております。

この状況は、フィリピンも同じです。

フィリピンでも廃業している店舗を多く見かけます。

コロナウイルスの責任?政治家の責任?

などと他人に責任を押し付けても解決できません。

ストレスが溜まるだけです。

コロナウイルス戦争と思って戦うことが大事でしょうか?

正しく今が戦場の場であることをそれぞれの考えで行動することが大事ではないでしょうか?

今、前に行く戦略なのか?

引く戦略なのか?

待つ戦略なのか?

それぞれの事情によりことなると思いますが、戦術を考えることが必要だと思います。

生きて行くためにはどうしたら一番ベストなのかを考えるのがリーダーの使命です。

当然、部下(スタッフ)のことも考えなければなりません。

しかし、戦場ですので最後まで生き残り戦くことが大事です。

2000年の前半ごろ

日本でフィリピン クラブの事業を行っていましたので飲食業の経験はあります。

またその時はフィリピンにオーディションで度々マニラに行っておりました。

とにかくこのコロナ戦争に勝つ戦略・戦術を考えに考え勝利を勝ち取ろうではないか。

また話がそれてしまいました。

ファミリービジネスの話しですね!

ファミリービジネスのリスク

幸せなフィリピンライフが崩れてしまうと言うことも視野に入れて置いた方が良いかもしれません。

離婚した経験のある方でしたら良く分かると思いますが、離婚は結婚以上に時間的問題、金銭的な問題

精神的問題、子供がいれば子供の問題と解決しなければならない問題が大変多いです。

とにかく簡単には解決出来ない。

しかしながらそれは時間が解決してくれます。

私の場合は、離婚が完結までに約5年の時間が必要としました。

精神面でも、相当な体力を必要と致します。

よってファミリービジネスは、リスクも高いと言うことです。

余り安易に考えない方が良いと思います。

あくまでも事業としてフィリピン 起業をお考えの方が対象です。

抽象的ではありますが、フィリピン人が苦手な仕事またはフィリピン人が出来ない仕事が良いと

思います。私の経験上です。

1,プラットホームの構築

2,システムの構築

3,教育


上記の三つがとでも重要だと思います。

それでは、どんな事業が良いのか?

それは、あなた自身で良く考えて決めてください。

それとフィリピン ビジネスで一番大事なポイント

「フィリピン人パートナーの選定」です。

会社設立する場合は、特にフィリピンパートナーのポストはとても重要です。

この選定を間違いなければ、事業を成功することが出来るでしょう。

あなたにパートナーの人間性を見抜く力があるのか?

フィリピン 事業でい失敗している人は、ほとんどパートナーの選定で失敗しております。

99%と言っても良いかも知れません。

フィリピン事業で成功されている方は、パートナーの選定が良いからです。

現実的には、何度も何度も経験及び体験をされたと思います。

当然、嫌な経験もたくさんあると思います。

そう言う方は、経験すら話をしてくれません。

また稼げる話なども話をしてくれません。

稼げる事業は、黙々と黙って静かに自分で事業を行っております。

特にフィリピンの事業家はそうです。

口は、黙り込んでしまいます。

目立たないようにしております。

人に狙われたりする危険があるからです。

嫉む性格の人間もたくさんいますのでとても危険です。

税務署から眼を付けられる可能性もあります。

日本人もそうですよね。

このウイルス感染の中相当利益を上げている会社もあると思いますが、メディアも報道しません。

ネガティブな悪い報道ばかりをしている感があります。

人をあおり、人の不幸を喜んでいる人間もいるのです!

また、その報道を聞いて自分は良かったと安心感を持ちたいのでしょうか?

ここで認識する必要があります。

テレビ関係者、テレビに出ている人間、今のYOUTUBERは一方通行の話で

彼らはすべて商売人であると言うことです。

自分の利益の為に出演および発信しているのです。

そして最後に

選択して行うビジネスの情報を収集することが大事でしょう。

最終的には、すべて自己責任であると言うことです。

誰も助けてくれません。

そう言う意味では、日本国は手厚い助けが(システム)があるので良い国ですね。

フィリピン共和国にはない!(p_q*)シクシク

しかし、貧乏にも負けず必死に頑張っているフィリピン国民がいます。

フィリピンで学ぶことは、大変多い。

抽象的なフィリピン 起業のポイントでした。

フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

フィリピンでは、乗用車を始めとして

軽トラック・軽バン・乗用車・トラック・バイクなど日本車が一番人気です。

乗用車の一番人気は、TOYOTAでしょうか?

トラックの一番人気は、ISUZUでしょうか?

軽トラックは中でもSUZUKIが一番人気です。

IMG20210113104720[1]

フィリピンに行かれた方ならご存じの通り殆どが日本車両が走っております。

そうですね。

見た目では、70%から80%位が日本車両でしょうか?

今日は、軽シリーズを紹介したいと思います。

軽に関しては、日本からコンテナで輸出されフィリピンにてコンバーション(左ハンドルに改造)

からナンバー登録(LTO:陸運局)してさらにフィリピン仕様に改造して利用されております。

軽トラックから乗り合いのバンに改造しているケースが、フィリピンでは多く見かけます。

IMG20210113105409[1]

上記の様に、乗り合いのバンに改造して庶民の足になっております。

運賃料金は、ジープニーと同じ運賃体系です。

日本人としては、とても嬉しいですね。

日本でさんざん活躍をして廃棄処分同然の軽トラックを更にフィリピンで活躍をしている

軽トラックの、まさにリサイクルシステムですね。

IMG20210113105217[1]

フィリピン仕様のトラックに改造して運搬及び趣味的に利用されているのでしょう。

ちなみに日本の軽トラックは、アメリカでも人気があるようですね!

日本からアメリカにも多く輸出されているようです。

軽バンも日本から輸入され個人車両として活躍しています。

IMG20210113105818[1]

IMG20210113104832[1]

IMG20210113104950[1]

IMG20210113104847[1]

フィリピンにてオールペイントなどを行い個人車両としても活躍されております。

日本からフィリピンへのコンテナ輸出もサポートしておりますのでお気軽にご連絡ください。

フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ