八木のフィリピン極楽生活記

メディアやガイドブックでは掲載できない、生のフィリピン情報を現地フィリピンからお届けまします。

カテゴリ: フィリピン ビジネス情報

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。


マニラ Gil Puyat の様子。


IMG20200228115405[1]


日本は世界競争力ランキング、前年順位5位から6位の後退いたしました。

フィリピンは、前年順位56位から64位と後退した。

フィリピン人の平均寿命が、65.6歳と非常に早いのがビックリですね ! ! !


ビジネス短信より抜粋いたしました。

2019年世界競争力ランキング、フィリピンは64位、ASEANでは5位


マニラ発 
2019年10月23日

世界経済フォーラム(WEF)は10月8日、世界141カ国・地域の国際競争力をランキングした「2019年世界競争力レポート(Global Competitiveness Report 2019)」を発表し、フィリピンは64位となり前年の56位から後退した(表参照)。ASEAN(注)の中では、前年は4位だったが、ブルネイに抜かれた結果、5位に後退した。

フィリピンが最も低く評価された項目は全体で102位とされた「健康」で、2018年に67.6歳だった平均寿命が2019年は65.6歳に低下したことが響いた。

次に低く評価された項目は96位とされた「インフラ」で、インフラの中でも「道路の接続性」(125位)、「安全な飲料水へのアクセス」(105位)、「航空サービスの効率性」(96位)、「鉄道の混雑」(91位)といった点が特に低く評価された。アジア開発銀行が9月26日に発表した資料によると、アジア諸国278都市の中で、マニラ首都圏が最も交通渋滞がひどい都市として選定された。

3番目に低く評価された項目は88位とされた「ICT(情報通信技術)」で、特にブロードバンド・インターネットの整備が98位と低く評価された。2017年時点の世界の平均的なインターネットスピードは30.85メガビーピーエス(Mbps)だが、フィリピンは13.41Mbpsと世界平均の半分を下回っている。一方で、インターネット利用料金が世界で最も高い国の1つとされている。

高く評価された項目としては「市場規模」(31位)、「労働力」(39位)、「金融システム」(43位)が挙げられた。市場規模については、全体で28番目に高いGDPが評価された。半面、海外からのモノとサービスの輸入が72位と低く評価された。


表 世界141カ国・地域の国際競争力ランキング


フィリピンの最大のメリットは、やはり市場規模と労働力のようですね。

日本でビジネスを行う上で、人件費のウエイトが一番高いので

フィリピン進出する際の最大メリットである人件費の安さを活用出来ればと思いますね。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

IMG20191207095056[1]


現在フィリピン人の方と結婚されフィリピン家族にビジネスを援助するためにトラックなど送る方々

が大変増えております。

しかし送る方法が分からない?

大変そうなど ?

さまざまなご質問を頂きますので、簡単に輸出する方法をお教えしたいと思います。

フィリピンの家族・友人・知人・その他に簡単にトラックを輸出する方法とは ?

トラックなど輸出する場合、特に資格など入りません

但し個人の方でも申請すれば取得出来ますので輸出コードを申請してください。

どこへ申請すれば良いのか ?

輸出コード取得方法について下記より申請してください。

税関:https://www.customs.go.jp/zeikan/seido/zeikancode.htm

比較的少額にて取得出来ますし、期間もそれほど時間がかかりません。

輸出コードを取得することにより輸出がスムーズに行うことができます。

輸出コード申請の名前は、輸出トラック所有者名と同じ名前・名称にて取得してください。

輸出コード申請の取得が完了しましたら、最寄りの陸運局にて車検証を持って行き

輸出予定届出証明書の申請を行ってください。

以上でトラックをフィリピンに送る準備は整いました。

後は、最寄りの港までトラックを搬入するだけです。

後の細かな工程及び作業は、プロが行いますのでご安心ください。

後は、フィリピンで車両を受取るだけです ! ! !

詳細内容につきましては、下記URLをクリックしてご確認をお願い申し上げます。

URL:http://g-o-inter.jugem.jp/?eid=1

フィリピンの生情報を伝えて行きたいと思いますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

フィリピンでは、至ところで工事が行われております。

マラテの中心街でもビルの解体工事が行われています。

フィリピンでは、重機をまだまだ必要とされておりますね。


フィリピン マニラ マラテの中心街

IMG20200223100253[1]


IMG20200223100228[1]



IMG20200223100325[1]


需要のあるフィリピンに投資見たらどうでしょうか。

日本で使用されなくなった重機をフィリピンへ輸出、まさしくリサイクルシステムです。

フィリピンでは、まだまだビジネスチャンスがあります。

フィリピンの生情報を伝えて行きたいと思いますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

日本にある美容院の店舗数は、コンビニエンスストアの4.5倍の約25万店舗あるようですが

今、現在倒産件数が急増しているようですね。


株式会社東京商工リサーチ 

公開日付:2019.11.11(月)13:30配信

 美容室の倒産が急増している。2000年以降で最多だった2018年を上回ることが確実になった。

 美容室はコンビニエンスストアの4.5倍、約25万店が全国でしのぎを削っている。このため、激しい競争に

晒され2019年1-10月累計の「美容室」倒産は92件(前年同期比29.5%増、前年同期71件)に達している。

すでに、1-10月累計は2000年以降で最多を記録し、年間でも過去最多の2018年(1-12月)の95件を更新

する勢いで推移している。

 また、倒産ではないが、事業を停止した休廃業・解散も急増中だ。2016年に初めて年間200件を超え、

2017年にいったん200件を割り込んだが、2018年は再び過去最多の242件を記録。倒産件数の2.5倍と急

増している。
 
「美容室」は、参入障壁が比較的低く、典型的な労働集約型の業種である。人口減少が続き、顧客獲得が

厳しさを増すなか、追い打ちをかけるように大手や低価格チェーン、1,000円カット店が台頭し、生き残りは

厳しさを増している。


一方フィリピンは、経済成長と供に人口も増加しており人口ボーナスは2050年まで続くと予想

されております。

高級層の人口も増え高級志向の美容院が増えて来ております。

日本人の方もフィリピン起業進出しておりますので、下記を参照してください。

マニラのおすすめの美容室14選!料金や場所をご紹介


https://funlife.com.ph/philippines-manila-beauty-salon/


新たな挑戦ではあると思いますが、フィリピンにはビジネスチャンスがあると思います。

フィリピンの中でも、富裕層・高級層が集まるマカティ、ボニフォシオグローバルシティ、アラバン

などの地区に店舗を構えれば可能性があるのではないでしょうか ?


マカティ、ボニフォシオグローバルシティ




フィリピン起業進出も視野に入れて見てはどうでしょうか?

ご要望に応じてフィリピン視察案内を受け賜わりますのでお気軽にご連絡ください。

フィリピンの生情報を伝えて行きたいと思いますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

フィリピンに生産拠点を移している企業が増えております。

メリット・デメリットは、当然あるとは思いますが新たな挑戦は良い試みですね。

なんと言ってもフィリピンの良さは天候にある。

一年中温暖で過ごしやすい 

日本の夏の暑さとは全く違います。

住んでいる方でないと分からないと思います。

なんせ衣服代がかからないのが良いですね。

体調も大変良い方向に行くと思います。

高血圧の私にとっては、非常に良い国だと思います。

私は、もう高血圧のくすりを5年前から飲んでいません。

くすり代も必要ありません。(^_^)ニコニコ

ここフィリピンの天候の良さは住んでいる方の特権ですね。

JETROさんのとても参考になり分かり安い Youtube を眼にしたので紹介したいと思います。

これから生産拠点の移管を考えている中小企業さまの参考になると思います。





あらゆることからフィリピン情報を集めることは良いことだとは思いますが、考えていても何も

始まりません行動こそがスタートの第一歩ですね。

フィリピンの現実・実情など自分自身の眼で確かめることが必要なのです。

考えていても何も始まりません。

ゼロですね ! ! !
 
先ずは、フィリピン視察から始めて見たらどうでしょうか ?

JETRO さまより抜粋いたしました。

    1. 投資促進機関   2019年11月14日

投資委員会(BOI)、フィリピン経済区庁(PEZA)、クラーク開発公社(CDC)、スービック港首都圏公社(SBMA)、カガヤン経済区庁(CEZA)、サンボアンガ経済特区庁(ZCSEZA)などが投資促進・優遇措置を供与している。

フィリピンでは、さまざまな投資促進機関が多数あります。

以前1年間コンサルしていた日本企業さまのリマ工業団地も発展しております。

敷地内には、アウトレットなどのモールも建設が進んでおります。

中には、立派なサッカー場もあります。

フィリピン リマ工業団地


またフィリピンで人材教育をして日本へ行って頂く方法もありますね。

フィリピンも検討案の一つに入れて見てはどうでしょうか。

海外に生産拠点を移すことを検討をしている中小企業さまの参考になれば幸いです。

フィリピンの生情報を伝えて行きたいと思いますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキング
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ