八木のフィリピン極楽生活記

メディアやガイドブックでは掲載できない、生のフィリピン情報を現地フィリピンからお届けまします。

2020年03月

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、快晴である。

IMG20200328075812[1]


やはり歴史は、繰り返されるのであろうか ?

1918年に始まったスペインインフルエンザのパンデミック

日本で約2300万人が感染

死亡者45万人

驚きの数字である。また100年後と言うことも皮肉である。


国立感染症研究所
感染症疾学センター IDSC より抜粋いたしました。

 スペインインフルエンザ(1918-1919)
 
第一次世界大戦中の1918年に始まったスペインインフルエンザのパンデミック(俗に「スペインかぜ」と呼ばれ

る)は、被害の大きさできわだっています。世界的な患者数、死亡者数についての推定は難しいのですが、患者数は

世界人口の25-30%(WHO)、あるいは、世界人口の3分の1(Frost WH,1920)、約5億人(Clark E.1942.)

で、致死率(感染して病気になった場合に死亡する確率)は2.5%以上(Marks G, Beatty WK, 1976; Rosenau

MJ, Last JM, 1980.)、死亡者数は全世界で4,000万人(WHO)、5,000万人(Crosby A, 1989; Patterson KD,

Pyle GF, 1991; Johnson NPAS, Mueller J, 2002.)、一説には1億人(Johnson NPAS, Mueller J, 2002.)とも

いわれています。日本の内務省統計では日本で約2300万人の患者と約38万人の死亡者が出たと報告されています

が、歴史人口学的手法を用いた死亡45万人(速水、2006.)という推計もあります。


1918年当時の日本の人口は、約5500万人であるので死亡者45万人はとても恐ろしい人数

である。

この先世界及び日本はどのように変動して行くのであろうか ?

まったく先が読めない時代になっている現実がある。

不安をあおる訳ではないが、だれも先が読めないのである。

時間が解決してくれるしかないのだろうか?

今は、とにかく人と接触しないことである。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、快晴です。

毎日家の中にいるとストレスが溜まります。

そんな時は、世界共通の音楽で楽しんだらどうだろうか ?

大切な時間をどう過ごすのか ?

悩んでいても一日は、一日である。

楽しいことばかり考えるのも一日は、一日である。

日本でも人気の音楽をタガログ語で歌っている曲を紹介したいと思います。

なかなかタガログSONGも良いですね。

















少しでも気分転換になれば幸いです。

フィリピン マニラから情報発信しています。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、25~34°C 快晴です。

IMG20200326123638[1]


きょうのマニラ マラテは、騒音もなく至って静かである。

今日は、食材が切れたこともあり久々に外出することにしました運動不足もあり、あえて遠方の

スーパーに買い物に行くことにしました。

特に混雑はしておりませんでしたが、スーパーの入り口では入場制限がしており人と人との間隔の

目印がしており皆さんルールを守り並んでおりました。

今は、冷静さを取り戻している。

夜間外出禁止令は、4月14日までとなっているが現在の状況は依然感染者が増加傾向になっている。

また外出禁止の規制もより厳しくなっている状況です。

・一家庭に、一名まで

・60歳以上は、外出禁止

・自家用車も運転手のみ

などの情報を聞いている。

先のことはだれも分からないが、今の状況ではとても4月15日から夜間外出禁止令が

解除されるとはとても思えない。

その時の感染状況によりまた変わるのだろうと思う。

まるでSF映画か、漫画の世界のような現実が今、フィリピンでは起きている。

ゴーストタウン w(゚o゚)w オオー!

新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまで1年から1年6ヶ月がかかると言うわれている。

これからの情報に注視しながらも、この先の準備と覚悟が必要であると思う。

・3ヶ月後 ?

・6ヶ月後 ?

・1年後 ?

・1年6ヶ月後 ?

素人的考えであるが、ワクチンが開発せれなければ安心して外出出来ないと思うが ?

それぞれの国に違いはあるものの、その国による規制に従うしかない。

しかし人それぞれの今後の生活面においては、自分自身で考える必要がある。

世界的に広がる新型コロナウイルス感染による影響で、世の中が大きく変動するのではないだろうか。

これからの人生をどう生きて行くのか ?

一人一人が良く考える時であろう。

一方日本の新型コロナウイルス感染の対応は、世界的に見てもかなり温度差を感じる。

大事に至らなければ良いのだが ?

後1年後、どのような世界になっているのだろうか?

フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、24~33°C 晴れ

IMG20200320085716[1]


新型コロナウイルス感染の影響で、フィリピン マニラの状況は規制が厳しくなっています。

・夜間外出禁止令 午後8時から午前5時まで外出禁止

・外出目的は、食品・医薬品・銀行(お金の引き出し)のみだけである。

・家庭で一人のみが、外出OKである。

・自家用車も一人運転のみ

・60歳以上は、外出禁止

私の知る限りでは、上記の内容である。

マニラ マラテの様子としては、電車(LRT)、バス、タクシー、ジープニーなどは一切

稼働しておりません。

また街は、スーパー、コンビニエンスストアー、ドラッグストアー、銀行(送金会社)などは一部

だけしかOPENしておりません。

その他のお店は、すべてシャッターが下ろされでおります。

飲食店は、テイクアクトのみ営業しているところもあります。

当然人通りも少なく街の中は、閑散としております。

しかしある反面、このマニラの大都会が大変静かな状況です。

まるでマニラの田舎にいるようだ。

以前住んでいた、バタアーン州の田園の中にいる静けさである。

皮肉なもので ! ! !

街の中は、バランガイの人が清掃しているのでしょうか ?

街は、とても綺麗になっている。

空も排気ガスがないせいか、とても綺麗な青空である。

また商売においても、反対に忙しい状況の商売もある。

日本では、アマゾンが10万人の従業員を増員したそうだ ! ! !

製紙会社、マスク業界は、忙しいようすですね。

正しく需要と供給なのです。

フィリピンでは、食品スーパー及びドラッグストアが連日満員で入場制限をかけている。

世界的に広がりを見せている新型コロナウイルスの影響で

地球温暖化につながるのだろうか?

いずれにせよ、自然現象には勝てない

今の現実を受けとめるしかないのである。

ましてや今回の新型コロナウイルス感染は、徐々に世界に広がりを見せている。

その状況化で各国が対応に当たっているのでまだ良い方かも知れない。

ある程度こちらも準備ができ、行動が出来ている。

この現象は、歴史に残ることだろう。

私も62年間生きて来たが初めての経験である。

正しく歴史的な、ど真ん中で生きているのである。

後、数ヶ月後には、良い体験談として笑い話になることを願っている。

現状としては、まったく先が読めない状況ではあるが今の現実を受けとめるしかない。

早くワクチンが、開発され新型コロナウイルスの感染が減少し世の中の生活が以前の生活に

戻れることに期待するしかない。

自分ごとではあるが

6年前にくも膜下出血で倒れた経験がある。

その時のことを思えば今の現状は、「自分からして見れば大したことではない。」

何も前触れもなく、ある日突然に頭痛が起き10分後には救急車に運ばれた時に意識不明

になったのである。

その時の記憶は、もう死ぬことを覚悟した。

しかし翌日生き返ったのである。

それからが第二の人生の始まりである。

一瞬にして仕事が出来なくなり無収入になってしまった。

それどころか、入院費、手術費用などがかさむばかりだ。

妻と子供の生活をどうして行けば良いのか、不安が増すばかりだ。

ある程度、元の身体に戻るまで約1年の時間がかかりましたが、日中は1、2時間少し

横にならないといけない状況が今でも続いている。

自分の身体が原因で、妻の国でもあるフィリピンを選択したのである。

フィリピン人の妻で良かった。

わたしには、まだ少しは運があるのだろう?

そのことを思えば今の現実・現状は、私の人生から考えたら大したことではない。

人生なるようにしか、ならないのである。

時間が解決してくれる。

だれのせいでもない。

この時に初めて分かったことがある。

お金だけでは、ないことが !!!

家族、友人、知人などの励ましの言葉である。

今でも多くの友人、知人などに支えれていることに感謝する。

今も多くの友人、知人からあらゆる情報を提供して頂いている。

やはり人間は、「普段のコミニュケーションが大事」ですね。

また一歩前に、と言う気持ちになる。

それには、日々の人間関係が大事であると言うことが良くわかる。

幸運にも私の周りには、頼りになる人達が多い。

やはり人は財産ですね。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

午前9時のマラテの様子を撮影いたしました。




さまざまな情報が、飛び込んで来てどの情報が信頼できるのかが、よく分からない状況です。

LRT-1は、停止しました。

街は、閑散として大変静かです。

友人からさまざまな情報が来ました。


1584407029025[1]


ここまで規制が厳しくなると、治安がとても心配ですね。

新型コロナウイルスの感染対策ではなく

一般フィリピン人は、死を宣告された規制の内容ですね。

一歩間違えれば暴動が起きるでしょう。

この状況が、ながく続けば一般市民は大変な生活をしなければならないことになる。

収入がなければ、「電気、ガス、水道料金が払えなくなりストップ」していまう。

ストレスが溜まり爆発しなければ良いが ?

一般市民はどこまで持ちこたえることができるだろうか ?

フィリピン人が問われる時でもある。

もうフィリピン経済は、完全に停止状態です。

電車、バス、ジープニーも動いていない。

ゴーストタウンのマニラである。

暴動が起きないことを願っています。


1584407034573[1]


日本人の赴任者も大変なことになっておりますね。

早く日本に帰して頂くよう対処して欲しいですね。

フィリピン人の多くは、低所得者で日銭暮らしの人も多いと思うので市民のストレスが心配である。

一般市民は、死を宣告されたような規制の内容です。

これが事実ならば !

長引けば長引く程一般市民のストレスが溜まり爆発しないかが心配になります。

マニラの路上生活者は、どう生きるのだろう。

窃盗犯にならなければ良いのですが ?

しかし人間は、生きて行くためには何でもしますからね ?

非常に危険な状況であるとこは間違いない。

2020年は、世界的に変革しています。

2020年の新型コロナウイルス感染は、歴史的に残る出来事になるでしょうね。

またこの歴史的に残る時に、自分が生きているとは ?

歴史に残る事態

これが現実なのか ?

もう一か月先も見えない状況になりました。

みんなが思っている以上に最悪の事態を覚悟する必要があるだろう。

見えない新型コロナウイルスに勝つことが出来るだろうか?

みんなは、必ず出来ると信じている。

世の中、そんなにあまいもんじゃない !

先のことは、だれも分からないのである。

前を向いて、今のその時を生きるしかないだろう。

一歩、一歩と

最後は、時間が解決してくれるだろう。

なるようにしかならない。

今のこの状況を認めざるを得ない !

フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ