当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、快晴である。

IMG20200328075812[1]


やはり歴史は、繰り返されるのであろうか ?

1918年に始まったスペインインフルエンザのパンデミック

日本で約2300万人が感染

死亡者45万人

驚きの数字である。また100年後と言うことも皮肉である。


国立感染症研究所
感染症疾学センター IDSC より抜粋いたしました。

 スペインインフルエンザ(1918-1919)
 
第一次世界大戦中の1918年に始まったスペインインフルエンザのパンデミック(俗に「スペインかぜ」と呼ばれ

る)は、被害の大きさできわだっています。世界的な患者数、死亡者数についての推定は難しいのですが、患者数は

世界人口の25-30%(WHO)、あるいは、世界人口の3分の1(Frost WH,1920)、約5億人(Clark E.1942.)

で、致死率(感染して病気になった場合に死亡する確率)は2.5%以上(Marks G, Beatty WK, 1976; Rosenau

MJ, Last JM, 1980.)、死亡者数は全世界で4,000万人(WHO)、5,000万人(Crosby A, 1989; Patterson KD,

Pyle GF, 1991; Johnson NPAS, Mueller J, 2002.)、一説には1億人(Johnson NPAS, Mueller J, 2002.)とも

いわれています。日本の内務省統計では日本で約2300万人の患者と約38万人の死亡者が出たと報告されています

が、歴史人口学的手法を用いた死亡45万人(速水、2006.)という推計もあります。


1918年当時の日本の人口は、約5500万人であるので死亡者45万人はとても恐ろしい人数

である。

この先世界及び日本はどのように変動して行くのであろうか ?

まったく先が読めない時代になっている現実がある。

不安をあおる訳ではないが、だれも先が読めないのである。

時間が解決してくれるしかないのだろうか?

今は、とにかく人と接触しないことである。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。



下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

フィリピン(海外生活・情報) ブログランキングへ