当ブログに来て頂きましてありがとうございます。


マニラ Gil Puyat の様子。


IMG20200228115405[1]


日本は世界競争力ランキング、前年順位5位から6位の後退いたしました。

フィリピンは、前年順位56位から64位と後退した。

フィリピン人の平均寿命が、65.6歳と非常に早いのがビックリですね ! ! !


ビジネス短信より抜粋いたしました。

2019年世界競争力ランキング、フィリピンは64位、ASEANでは5位


マニラ発 
2019年10月23日

世界経済フォーラム(WEF)は10月8日、世界141カ国・地域の国際競争力をランキングした「2019年世界競争力レポート(Global Competitiveness Report 2019)」を発表し、フィリピンは64位となり前年の56位から後退した(表参照)。ASEAN(注)の中では、前年は4位だったが、ブルネイに抜かれた結果、5位に後退した。

フィリピンが最も低く評価された項目は全体で102位とされた「健康」で、2018年に67.6歳だった平均寿命が2019年は65.6歳に低下したことが響いた。

次に低く評価された項目は96位とされた「インフラ」で、インフラの中でも「道路の接続性」(125位)、「安全な飲料水へのアクセス」(105位)、「航空サービスの効率性」(96位)、「鉄道の混雑」(91位)といった点が特に低く評価された。アジア開発銀行が9月26日に発表した資料によると、アジア諸国278都市の中で、マニラ首都圏が最も交通渋滞がひどい都市として選定された。

3番目に低く評価された項目は88位とされた「ICT(情報通信技術)」で、特にブロードバンド・インターネットの整備が98位と低く評価された。2017年時点の世界の平均的なインターネットスピードは30.85メガビーピーエス(Mbps)だが、フィリピンは13.41Mbpsと世界平均の半分を下回っている。一方で、インターネット利用料金が世界で最も高い国の1つとされている。

高く評価された項目としては「市場規模」(31位)、「労働力」(39位)、「金融システム」(43位)が挙げられた。市場規模については、全体で28番目に高いGDPが評価された。半面、海外からのモノとサービスの輸入が72位と低く評価された。


表 世界141カ国・地域の国際競争力ランキング


フィリピンの最大のメリットは、やはり市場規模と労働力のようですね。

日本でビジネスを行う上で、人件費のウエイトが一番高いので

フィリピン進出する際の最大メリットである人件費の安さを活用出来ればと思いますね。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。



下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

フィリピン(海外生活・情報) ブログランキングへ