当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、24~29°C 曇りです。

IMG20190731111631[1]
メトロマニラ マカティのオフィス街

フィリピン マニラ首都圏での1日の平均労働賃金はP500の様ですが実態は可なり違うようです!
P500は、一流企業が対象の様ですね!
当然地方により異なります。
バタンガス州などはP380ですね。
またミンドロ島の島に行きますとP260です。
実際は業種にもことなりますが会社との契約で決まるようです。
ラグナでしたが、ガソリンスタンドに努めている若者に聞いたところ1日P100だと言いました!


2018年11月07日のJETRO資料によると。
フィリピン労働雇用省のシルベストル・ベリョ長官は11月5日、マニラ首都圏の最低賃金を日額25ペソ(約52円、1ペソ=約2.1円)引き上げると発表した。11月20日から実施される。これにより、日額最低賃金が非農業分野は現行の475~512ペソから500~537ペソに、農業分野は475ペソから500ペソに改定される(添付資料参照)。マニラ首都圏の最低賃金の引き上げは2017年10月以来約1年ぶり。


しかしながらフィリピン人には、余り期待はしない方が良いと思います。

P500の日当は、それなりですね。

最低賃金を守れば良いと思います。

人材教育に時間と教育費用が必要ですね。

システムマニュアルが必要でしょう。

経営者の一番の悩みは、人件費なのでフィリピンは最大のメリットですね!

フィリピンでは、人件費の安さを活かすビジネスが良いでしょう。

フィリピンの生情報を伝えて行きたいと思いますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。


フィリピン(海外生活・情報) ブログランキングへ 


下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

フィリピン(海外生活・情報) ブログランキングへ