八木のフィリピン極楽生活記

メディアやガイドブックでは掲載できない、生のフィリピン情報を現地フィリピンからお届けまします。

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、快晴である。

IMG20200328075812[1]


やはり歴史は、繰り返されるのであろうか ?

1918年に始まったスペインインフルエンザのパンデミック

日本で約2300万人が感染

死亡者45万人

驚きの数字である。また100年後と言うことも皮肉である。


国立感染症研究所
感染症疾学センター IDSC より抜粋いたしました。

 スペインインフルエンザ(1918-1919)
 
第一次世界大戦中の1918年に始まったスペインインフルエンザのパンデミック(俗に「スペインかぜ」と呼ばれ

る)は、被害の大きさできわだっています。世界的な患者数、死亡者数についての推定は難しいのですが、患者数は

世界人口の25-30%(WHO)、あるいは、世界人口の3分の1(Frost WH,1920)、約5億人(Clark E.1942.)

で、致死率(感染して病気になった場合に死亡する確率)は2.5%以上(Marks G, Beatty WK, 1976; Rosenau

MJ, Last JM, 1980.)、死亡者数は全世界で4,000万人(WHO)、5,000万人(Crosby A, 1989; Patterson KD,

Pyle GF, 1991; Johnson NPAS, Mueller J, 2002.)、一説には1億人(Johnson NPAS, Mueller J, 2002.)とも

いわれています。日本の内務省統計では日本で約2300万人の患者と約38万人の死亡者が出たと報告されています

が、歴史人口学的手法を用いた死亡45万人(速水、2006.)という推計もあります。


1918年当時の日本の人口は、約5500万人であるので死亡者45万人はとても恐ろしい人数

である。

この先世界及び日本はどのように変動して行くのであろうか ?

まったく先が読めない時代になっている現実がある。

不安をあおる訳ではないが、だれも先が読めないのである。

時間が解決してくれるしかないのだろうか?

今は、とにかく人と接触しないことである。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、快晴です。

毎日家の中にいるとストレスが溜まります。

そんな時は、世界共通の音楽で楽しんだらどうだろうか ?

大切な時間をどう過ごすのか ?

悩んでいても一日は、一日である。

楽しいことばかり考えるのも一日は、一日である。

日本でも人気の音楽をタガログ語で歌っている曲を紹介したいと思います。

なかなかタガログSONGも良いですね。

















少しでも気分転換になれば幸いです。

フィリピン マニラから情報発信しています。


フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

当ブログに来て頂きましてありがとうございます。

今日のマニラの天気は、25~34°C 快晴です。

IMG20200326123638[1]


きょうのマニラ マラテは、騒音もなく至って静かである。

今日は、食材が切れたこともあり久々に外出することにしました運動不足もあり、あえて遠方の

スーパーに買い物に行くことにしました。

特に混雑はしておりませんでしたが、スーパーの入り口では入場制限がしており人と人との間隔の

目印がしており皆さんルールを守り並んでおりました。

今は、冷静さを取り戻している。

夜間外出禁止令は、4月14日までとなっているが現在の状況は依然感染者が増加傾向になっている。

また外出禁止の規制もより厳しくなっている状況です。

・一家庭に、一名まで

・60歳以上は、外出禁止

・自家用車も運転手のみ

などの情報を聞いている。

先のことはだれも分からないが、今の状況ではとても4月15日から夜間外出禁止令が

解除されるとはとても思えない。

その時の感染状況によりまた変わるのだろうと思う。

まるでSF映画か、漫画の世界のような現実が今、フィリピンでは起きている。

ゴーストタウン w(゚o゚)w オオー!

新型コロナウイルスのワクチンが開発されるまで1年から1年6ヶ月がかかると言うわれている。

これからの情報に注視しながらも、この先の準備と覚悟が必要であると思う。

・3ヶ月後 ?

・6ヶ月後 ?

・1年後 ?

・1年6ヶ月後 ?

素人的考えであるが、ワクチンが開発せれなければ安心して外出出来ないと思うが ?

それぞれの国に違いはあるものの、その国による規制に従うしかない。

しかし人それぞれの今後の生活面においては、自分自身で考える必要がある。

世界的に広がる新型コロナウイルス感染による影響で、世の中が大きく変動するのではないだろうか。

これからの人生をどう生きて行くのか ?

一人一人が良く考える時であろう。

一方日本の新型コロナウイルス感染の対応は、世界的に見てもかなり温度差を感じる。

大事に至らなければ良いのだが ?

後1年後、どのような世界になっているのだろうか?

フィリピンの情報を伝えておりますので読者登録をお願い申し上げます。


にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ
皆様のランキング投票だけがこのブログを続けるモチベーションでございます。上の画像をポチッとクリックをお願いします。

下記バナーをクリックしていただきますと、書き手として私のモチベーションがさらにあがり、もっと有益な記事を書こうと努力します。

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ